HMBサプリとは?意味・成分についてわかりやすく解説!

 

筋肉は裏切らないという言葉が流行語大賞にノミネートされたのは記憶に新しいです。

 

筋肉と言えばアスリートのトレーニングとして、またダイエットの為であったりボディビルダーの様な見せる筋肉の為に鍛えていく事が一般的です。

 

ダイエットという点に限って言えばこれまで食事ダイエットを中心に行う人が多かったわけですが、最近は筋トレをする事で綺麗なボディラインを作ろうとする人が増えているという事です。

 

筋トレのお供と言えばプロテインが一般的なイメージとしてありますが、近年ではHMBサプリメントが脚光を浴びていますが、HMBサプリメントと言われてもイメージ出来る人は恐らく少数でしょう。

 

今回はHMBサプリメントの意味や成分について解説していきます。

HMBサプリメントって何?

HMBは正式には「β-Hydroxy-β-MethylButyrate」、ベータ・ハイドロキシ・ベータ・メチル酪酸と呼び、各単語の頭文字を取ってHMBとしていますが、日本名では「3-ヒドロキシイソ吉草酸」と呼びます.

 

HMBというお洒落な言い方をしていますが、簡単に言えば必須アミノ酸の一つであるロイシンから体内で作られる物質で、筋肉の分解を抑えつつ筋肉の合成を促進する効果があるとされています。

 

詳しくは後述しますが、ロイシン自体が食事からでしか摂取出来ない事から生成量は極端に少なく、筋肉の維持や増加の為にはHMBサプリメントが必須となっています。

 

必須アミノ酸とロイシン

ロイシンとは一時期バリン、イソロイシン、アルギニンと言ったアミノ酸と並べてダイエットに有効な必須アミノ酸として知名度を上げました。

 

アミノ酸と言うと独特な物のイメージこそありますが、実際にはたんぱく質に含まれているアミノ酸であり、20種あると言われている内の11種類は人間が体内で生成する事が出来る一方で、ロイシンを含めた9種類は体内で生成する事が出来ず、外から摂取する必要があります。

 

今回の主役であるロイシンは乳製品や豆類や魚介類から摂取が可能であり、あまり意識いなくても日常の中で多かれ少なかれ摂取しています。

 

体内に入ったロイシンは筋肉や肝臓で代謝されてHMBが生成されますが、10gのロイシンを摂取したら約0.5g(約5%程の割合)のHMBが作られるとされています。

 

更にロイシン自体に筋肉の合成を促す効果があると同時に、筋肉とは関係ありませんが、脳や精神的な疲労(中枢性疲労)の軽減にも役に立つとされています。

 

筋肉の合成を促進

筋肉は酷使すれば酷使するほど更に太く強力な筋肉となります。

 

筋トレの様な無酸素運動では速筋、ジョギング等の有酸素運動では遅筋を使いますが、筋肉を増やす、つまり合成する場合は遅筋に該当します。

 

例えば筋トレをする場合、グリコーゲンという糖分をエネルギーとして消費しますがこの際に筋肉が破壊されて発生するのがいわゆる乳酸です。

 

筋肉が破壊されるとmTORという神経の伝達組織が反応して筋肉の合成が始まります。

 

HMBはmTORを活発にする効果があり、これがいわゆる「筋肉の合成を促進する効果」という事です。

筋肉の分解を抑える

人間にとって必要以上の筋肉は不要な存在で、実はダイエットをする場合率先して消費されるのが筋肉で、筋肉が多いと基礎代謝が増えるというのはこういったからくりがあったわけです。

 

哺乳類にはユビキチン・プロテアソームシステムといった独自の機能が備わっていて、不要なたんぱく質を率先して分解する効果がありますが、筋肉というのは言い換えるとタンパク質の塊であり、ユビキチン・プロテアソームによってどんどん分解されます。

 

筋トレをして得た筋肉が放っておくとどんどん弱くなっていくのはこれが原因ですが、HMBにはユビキチン・プロテアソームの効果を抑えて筋肉の減少を防ぐ効果があります。

HMBサプリメントも飲むだけでは意味が無い

筋肉の維持・増加に重要なHMBですが、注意点としてはあくまでも筋トレや運動等によって筋肉を増やす・維持する事を目的にしているので、摂取するだけで効果があるわけではない点に注意が必要です。

 

筋肉の強化には前提として超回復があり、超回復は筋トレを始めなにかしらの運動が前提だからです。

 

筋トレやスポーツで筋肉を痛めて必要な栄養素を摂取、そしてしっかり休むというサイクルを取る事で筋肉を強くする事が出来ます。

 

つまり、現在のダイエットや筋トレに更に大きく効果を付けたいと言う人向けのアイテムという事ですね。

こちらの記事では、HMBサプリの正しい飲み方について解説しています。あわせて読むと理解が深まるでしょう。

 

->>HMBサプリの正しい飲み方!飲む量・タイミング・飲み合わせを解説【いつ飲むのが効果的か迷うなら必見!】

実は日本での歴史は浅いHMB

この様に筋肉の維持・増加に大きく役立つHMBですが、1996年に人に対するHMBの臨床試験が行われ、筋肉の増加や筋肉の分解抑止といった効果が分かりました。

 

この臨床試験の結果から開発されたのがHMBサプリメントですが、実際に日本で購入が可能になったのは2009年で、臨床試験からなんと13年も後の事です。

 

日本ではボディビルダーからの需要と共に、高齢者の筋肉量の減少を防ぐ目的での需要が多く、スタイル維持を望む女性からの需要が増えてきています。

 

まとめ

HMBは筋肉の維持・増加に役立つ一方で主な原料となるロイシンが人体で独自に生成できないという問題があり、必要な量を補うために誕生したのがHMBサプリメントです。

 

当然筋肉の強化・増加には筋トレや運動が必要であり、摂取するだけで効果はありません。

 

これを踏まえて、日常の筋トレや運動にHMBサプリメントを摂取する事で、筋肉の増加・強化、加齢による筋肉量減少の防止、理想のスタイルを手に入れる為の補助効果が見込まれます。

 

おすすめのHMBサプリはこちらの記事で紹介しています。全額返金保証付きのサプリもあるため気軽に試せますよ。参考にしてみてくださいね。

->>【全部試してみた】効果を感じた!おすすめのHMBサプリは5つだけ【本当に買ってよかった物だけ紹介します】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*